top of page
  • 執筆者の写真WATANABE ARCHITECTS

バイクの防寒着

更新日:2023年6月28日

バイクに乗るときの防寒上着はどうしていますか?

建築の設計を生業にしていますので、断熱の理屈で防寒を考えてみました。


まず、肌に近い下着はヒー◯テック+発熱材で体温を保持。

 これは暖房と同じです。輻射暖房の考えをカイロや電熱着で代用します。


次に、ダウンやセーターで保温。

 こちらは断熱材です。空気層の断熱性能は高いので空気を含む素材が適しています。


最後に上着です。

 建築は風圧の検討をしますが、身体を風から守る趣旨ではありません。

 また、透湿性能も大切です。木造建築においては防水透湿シートを採用します。


寒くない上着でバイク(ハーレーダビッドソン)を降りてそのまま街なかを歩きたい。仕事の移動で使うので、Theバイク乗り。みたいな格好は避けたい。

もはや矛盾しかないとわかっているのですが。。。。


今年はゴア・ウィンドストッパーを採用しているPコートを買ってみました。


防風性透湿性に優れていますので、1ケタ台の気温でも全く寒くありませんでした。


バイクや車のガレージ付き住宅は、バイクや車好きの私にお任せください。

相談は無料です。

Comments


bottom of page