top of page
  • 執筆者の写真WATANABE ARCHITECTS

新プロジェクト

少し前から都内で集合住宅の新プロジェクトがスタートしています。



一般的に集合住宅と言えば、同じタイプの住戸が並び、他の住戸との差異があまり無いものが多いかと思います。

今回は住戸内に住戸専用の階段があるメゾネット住戸や上下階で異なる住戸が積層するクロスメゾネットの住戸を採用し、集合住宅でありながら高さ方向にも豊かな空間を作りつつ、各住戸の住環境の差異を極力無くす事をコンセプトとしました。


各住戸を立体的に組み合わせているので、平面図だけでは空間が認識しずらいのですが、オーナーは空間の理解力が素晴らしく、打合せがスムーズに進められています。


すべて異なる住戸の形、異なる間取りのため、マンションというより一度に沢山の住宅を設計する気持ちでこのプロジェクトに取り組んでいます。



完成がとても楽しみなプロジェクトです。

Comments


bottom of page